読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

永瀬さん県民栄誉賞 東京五輪・柔道で金 

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

県民栄誉賞を贈られた永瀬さん(左)(12日、水戸市の県庁で)
県民栄誉賞を贈られた永瀬さん(左)(12日、水戸市の県庁で)

 県の発展に功績のあった個人や団体をたたえる2021年度の県表彰が12日、県庁で行われ、東京五輪の柔道男子81キロ級金メダリストの永瀬貴規さん(28)(つくば市在住)に県民栄誉賞が贈られた。今年度は53人と12団体が特別功労賞などを受賞した。

 永瀬さんは長崎市出身で筑波大卒。表彰後の報道陣の取材に、「(茨城は)第二の故郷で、思い入れのある地。金メダルが獲得できたのも素晴らしい環境があったからで、すごく感謝している」と語った。

 特別功労賞は、東京五輪・パラリンピック関連では、自転車女子オムニアム銀メダリストの梶原悠未さん(24)(筑波大院)、スポーツクライミング女子複合銅メダリストの野口啓代さん(32)(龍ヶ崎市出身)、ゴールボール女子銅メダリストの高橋利恵子さん(23)(つくば市在住)に贈られた。ほかに、陸上走り幅跳びで活躍する高良彩花さん(20)(つくば市在住)と、現代美術家の宮島達男さん(64)(守谷市在住)も同賞に輝いた。

                  ◇

 また、県はこの日、永瀬さんと高橋さんらに「いばらき大使」を委嘱した。茨城の魅力を国内外にPRしていく。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2517744 0 ニュース 2021/11/13 05:00:00 2021/11/13 05:00:00 2021/11/13 05:00:00 県民栄誉賞が贈られた永瀬さん(左)(水戸市の県庁で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/11/20211113-OYTNI50017-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)