文字サイズ

    おいしさにピース…加賀でカニ給食

     加賀市立橋立小・中学校の給食に5日、ズワイガニの雌「香箱こうばこガニ」が登場した。

     カニ漁が盛んな加賀市の橋立漁港の漁師たちが毎年、この時期に提供している。小・中学校のランチルームに集まった児童と生徒約200人を前に、「やまは水産」の橋本靖司社長(50)が「今年は特にカニの量が少ないです。できるかどうか不安がありましたが、今年も出すことができました」とあいさつした。

     カニを食べるのに慣れている児童や生徒も多く、器用に身を取り出して平らげてしまう姿も。5年生(11)は「橋立のカニはおいしい。いつも出してくれてありがたい」と話した。

    2018年12月06日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP

    理想の新築一戸建て