読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

伝統の「宝達葛」手間かけ作る

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

葛根からでんぷんを含む汁を搾り出す作業
葛根からでんぷんを含む汁を搾り出す作業

 くず湯や菓子の材料などに使われる宝達志水町の特産品「宝達くず」の生産が12日、同町の宝達葛会館で始まった。

 宝達葛は、宝達山が金鉱山として栄えた400年以上前、採掘に従事する労働者の健康維持を目的に、自生する葛の根から食材を作ったことが始まりとされる。大正から昭和の初め頃には約70軒が生産していたが、担い手が高齢化で減り、現在は「宝達葛生産友の会」の4人が生産を続けている。

 この日は、葛の根を機械で砕いて冷水に漬けた後、すのこの上から踏んだり、手で押さえたりして汁を搾り出す作業を行った=写真=。汁に含まれるでんぷんを布袋でこす作業を繰り返し、自然乾燥させることで真っ白な葛ができるという。

 作業は2月下旬頃まで続け、乾燥後に袋詰めして4月下旬頃にJAはくいなどに出荷する。今季は約350キロの生産を目指しており、同会の佐藤勝治さん(77)は「宝達葛作りの伝統を今後も守っていきたい」と話していた。

無断転載・複製を禁じます
1765168 0 ニュース 2021/01/13 05:00:00 2021/01/13 05:00:00 2021/01/13 05:00:00 葛根から、でんぷんを含む汁を搾り出す作業をする会員ら(12日午前10時48分、宝達志水町で)=高橋健太郎撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210112-OYTNI50014-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)