読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

三鉄と宮古高生がコラボ鉄印 筆文字で波イメージ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

宮古高校の生徒がデザインしたコラボ鉄印
宮古高校の生徒がデザインしたコラボ鉄印

 乗車の記念に駅の窓口などでもらえる「鉄印」の人気を受けて、三陸鉄道(宮古市)は13日、県立宮古高校の協力で、生徒がデザインした4種類のコラボ鉄印を発売する。三鉄は「楽しい旅をしてほしいという、高校生の思いが詰まったすばらしい鉄印ができた」として、早春の沿線の旅を呼びかけている。

 鉄印は、寺社の「ご朱印」の鉄道版。全国40社の地方鉄道が出している。乗客は鉄印帳を示して記帳料を支払うと、手書きや書き置き印の鉄印をもらえる。

 コラボ鉄印は昨年末、三鉄が同校に制作を依頼。同校の美術部4人と書道部8人がそれぞれイラスト、筆文字を担当し、約2か月かけて完成させた。

 鉄印のイラストは、車両やイメージキャラクター「さんてつくん」などをオレンジ、緑、紺、青の鮮やかな色で表現。筆文字はリアス線を駆け抜ける列車や三陸海岸の波をイメージし、躍動感のある字体で書いた。

 生徒たちは、放課後の部活動で三陸鉄道の社員から鉄印の説明を受けたり、辞書で字のつくりを調べたりする中で、イメージを膨らませたという。美術部1年の関根碧海さん(16)は「列車の形や構造を再現するのに苦労した」と語り、書道部1年の小笠原悠さん(16)は「カタカナを力強く表現できた」と手応えをかみしめていた。

 今年度は新型コロナウイルスの感染拡大により、文化祭や地域の展覧会の中止が相次いだ。美術部顧問の三田洋教諭は「生徒の作品を披露できる機会になった」と述べた。

 4種類のコラボ鉄印は各50枚の数量限定。宮古駅で、1枚300円(税込み)で販売する。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1887266 0 鉄印帳を携えて 2021/03/04 05:00:00 2021/03/05 08:05:36 2021/03/05 08:05:36 鉄印コラボ 三陸鉄道=提供写真撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/03/20210305-OYTAI50000-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)