点検中雪崩想定雫石で救出訓練 東北電力

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

トランシーバーの反応で埋もれた人の場所を探る訓練を行う参加者(31日、雫石町で)
トランシーバーの反応で埋もれた人の場所を探る訓練を行う参加者(31日、雫石町で)

 

 東北電力岩手支社などは31日、山間部の発電設備を点検中に作業員が雪崩に巻き込まれた事態を想定した救出訓練を雫石町の網張温泉スキー場で行った。

 訓練は、山形県で2000年12月、発電所の設備の点検に向かっていた東北電力と委託会社の作業員3人が雪崩で死亡した事故を受け、毎年行っている。

 この日は15人が参加。トランシーバーを使い、雪に埋めたトランシーバーの場所を特定し、2人がかりでシャベルで掘り出した。雪崩に巻き込まれてから11分を過ぎると生存率が急激に下がるため、参加者は11分以内での救出を目指した。

無断転載禁止
416603 0 ニュース 2019/02/01 05:00:00 2019/02/01 05:00:00 2019/02/01 05:00:00 トランシーバーの反応を見て埋没者の位置を探る訓練を行う参加者(31日午後1時57分、雫石町長山、網張スキー場で)=西村魁撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20190131-OYTNI50070-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ