大谷サポーター募集 奥州市が20日から 企業・団体対象 

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 奥州市は12日、市出身で米大リーグ、エンゼルスで活躍する大谷翔平選手(24)を応援しようと、市内の企業などを対象にした「大谷翔平選手ふるさと応援サポーター」制度を設けると発表した。20日から募集する。

 市内に事務所・事業所がある企業などであればサポーターになれる。京都・清水寺の森清範貫主が大谷選手のために揮毫きごうした「投打猛進」が書かれたステッカーやポスターがもらえる。

 市は当面、100社・団体のサポーター登録を目指す。新年度は大谷選手の出場試合のパブリックビューイングを開催する予定で、市民だけでなくサポーターにも参加を呼びかける。

 将来は個人サポーターも募る計画で、小沢昌記市長は「打者として昨年に劣らない活躍をしてほしいと願っている」と地元から大谷選手を後押しする。

 申請、問い合わせは、市政策企画課(0197・24・2111)へ。

無断転載禁止
486115 0 ニュース 2019/03/13 05:00:00 2019/03/13 05:00:00 2019/03/13 05:00:00

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ