読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

あの砂浜が再生!高田松原海水浴場7月17日海開き…11年ぶり

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 陸前高田市は10日、東日本大震災の津波で砂浜が流失した高田松原海水浴場を7月17日、11年ぶりにオープンさせると発表した。海開きの式典は、市観光物産協会主催で同日午前9時に開く。海水浴場の開設は8月15日まで。

 震災前は1750メートルの砂浜が広がり、多くの海水浴客でにぎわったが、震災の津波と地盤沈下によって砂浜の約9割が消失。県が約40億円をかけて人工的に砂浜を再生させ、今年4月から一般に開放していた。戸羽太市長は10日の記者会見で「陸前高田の夏が盛り上がるには高田松原(海水浴場)がなくてはならない」と期待を寄せた。

 一方、市内の広田海水浴場については、新型コロナウイルス感染拡大の影響で監視体制が整わないとして、昨年に続き開設を見送る。

無断転載・複製を禁じます
2116073 0 ニュース 2021/06/11 05:00:00 2021/06/11 05:00:00 2021/06/11 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)