読売新聞オンライン

メニュー

盛岡市、新型コロナワクチン接種を3週間延期

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

64歳以下、供給量減で

 盛岡市は、64歳以下の人を対象にした新型コロナウイルスワクチンの接種開始を当初予定していた27日から3週間遅らせて8月17日に延期した。今月17日から受け付けるとしていた市のシステムを通じた予約も28日からに変更した。国からのワクチン供給量が減少しているためという。

 市は当初、64歳以下の人のうち、60~64歳や基礎疾患のある人、高齢者施設などの従事者への接種は今月27日から約150の医療機関で始める予定だった。しかし、今月に入り、国から届くワクチンが希望の半分以下に減少。65歳以上の高齢者の2回目の接種を優先するため、一部の医療機関を除き、64歳以下の接種延期を決めた。

 4か所の医療機関では予定通り接種を進めるが、予約受け付けを始めた17日から申請が殺到。18日夕時点で8月7日までの予約枠が全て埋まり、新規予約ができない状況となっている。

無断転載・複製を禁じます
2217041 0 ニュース 2021/07/19 05:00:00 2021/07/19 00:13:20 2021/07/19 00:13:20

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)