<8>インバウンドの心つかめ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

フランス人観光客に和三盆の作り方を通訳する香川せとうち地域通訳案内士の松岡さん(左、琴平町で)
フランス人観光客に和三盆の作り方を通訳する香川せとうち地域通訳案内士の松岡さん(左、琴平町で)

 ◇地域通訳案内士 おもてなし

 「和三盆の木型をつくれる職人は四国では香川にいる一人だけなんです」

 昨年12月、琴平町の干菓子作りが体験できる土産物店「にしきや」で、香川せとうち地域通訳案内士の松岡伸吾さん(40)は流暢りゅうちょうな英語でフランス人観光客に語りかけた。

 全国通訳案内士は国家資格だが、昨年、通訳案内士法の改正で自治体が独自に導入できるようになり、県は香川の歴史、文化に関する知識を持つ地域通訳案内士の育成を始めた。10月末に1期生として英語と中国語の通訳案内士59人が誕生、普段は会社員として働く松岡さんもその一人だ。

 この日、県観光協会からの要請でガイドを務めた。案内を受けたフランス人ルーク・サラさん(32)は「気になったことをすぐに聞けるし、日本の文化や歴史により親しめる。すごく良い」と満足していた。

     ◆     ◆

 香川のインバウンド(訪日外国人客)の伸び率は全国1位を誇る。観光庁の宿泊旅行統計調査によると、2017年に県内のホテルや旅館に泊まった外国人は前年の12万人増で過去最多の延べ48万人。5年前の11倍だ。

 これに対し、受け入れに必要な「通訳案内士」は89人(昨年11月現在)と不足気味で県は育成を急いだ。

 香川の観光業界には、1988年の瀬戸大橋開通時の苦い経験がある。その年、外国人を含む県外からの観光客数は前年2倍の1035万人に達したが、翌年は826万人にダウン、その後、減少が続いた。

 県観光協会の三矢昌洋会長は「受け入れ態勢が整っておらず、おもてなし以前の問題だった」と振り返る。橋の渋滞で車は動かず、ホテル不足で宿泊の二重予約も相次ぎ、不興を買った。観光客数は徐々に減り、年700万人台を推移、瀬戸大橋による人の流れを十分に取り込めなかった。

 転機は2010年に初開催された瀬戸内国際芸術祭。外国人観光客が増え始め、県はソウル便だけだった高松空港の国際線を上海、台北、香港に順次拡充した。それが奏功し、東アジアからの観光客が大幅に増加。17年の観光客数は946万人となり、瀬戸大橋開通年に迫った。

     ◆     ◆

 このインバウンド需要を一過性で終わらせないため、官民挙げて受け入れ環境の整備を進める。

 宿泊施設不足を解消するため、高松市では昨年、大型ホテルが3軒開業し、今年も2軒がオープンを予定する。県は、地域通訳案内士の育成に先駆け、17年7月、9言語に対応する「多言語コールセンター」を開設。ホテルや飲食店がセンターに電話し、その電話で外国人が要望などを伝えるシステムだ。県観光振興課は「インバウンドを伸ばすには、彼らの満足度を高めることが必要」とする。

 街中で買い物する訪日客も増え、商店でも利便性向上へ取り組みを進める。高松丸亀町商店街では英語や中国語のマップを配布、荷物の一時預かりを行う。また外国人が商店街で5000円以上買い物すると、セルフ式カウンターでスマートフォンを使い、自動で免税手続きができるシステムの導入も目指している。

 20年に東京五輪も控え、三矢会長は「今後もインバウンドは増えるはず。夜型観光を推進するなどして課題を克服し、日本の観光と言えば、香川、四国と言ってもらえるように取り組みたい」と話す。(猪股和也、おわり)

 ◇四国宿泊者 83万9110人 2017年

 四国はどの県もインバウンドが増加しており、観光庁の宿泊旅行統計調査によると、2017年の4県の外国人延べ宿泊者数は計83万9110人で5年前の4.5倍に伸びている。

 外国人宿泊者の半数以上は香川が占め、次いで愛媛の17万8590人(前年比21%増)。道後温泉に加え、サイクリングが人気だ。「しまなみ海道」は年間30万人超が訪れる「サイクリストの聖地」として浸透し、愛好家の多い台湾を中心に外国人客も増えている。

 徳島は10万2810人(同48%増)で、特に「四国の秘境」とも呼ばれ、日本の原風景が残る三好市の大歩危おおぼけ祖谷いや地区を訪れる外国人が増えている。

 高知は前年と横ばいの7万5410人だったが、太平洋に面した利点をいかし、クルーズ船の誘致に取り組んでいる。17年の四国へのクルーズ船寄港回数は93回で、そのうち高知港が42回(同82%増)だった。

無断転載禁止
61503 0 次代の扉 四国の平成 2019/01/09 05:00:00 2019/01/09 05:00:00 フランス人客に和三盆作りの仕方を通訳する、通訳する香川せとうち地域通訳案内士の松岡さん(左)(12月7日、琴平町で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20190109-OYTAI50000-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

東京都知事選2020特集ページ
一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円
NEW
参考画像
1100円550円
NEW
参考画像
790円720円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ