読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

個性キラリ 24の「宝石」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

有人島 小豆島など

 香川には瀬戸内海に浮かぶ24の有人島がある。それぞれが豊かな自然を背景に、独自の歴史や文化、伝統などを紡いできた。2010年に始まった瀬戸内国際芸術祭によって、国内のみならず海外からも注目を集めるようになった島の魅力を探ってみたい。

多島美形成

 農林水産省の「日本の棚田百選」に認定されている小豆島町中山の「中山千枚田」。標高150~250メートルの山間には、約800枚の水田が一面に広がり、農村の原風景を映し出す。

 小豆島を含む瀬戸内海の島々は、約1400万年前の火山活動以降、地殻変動や浸食などによって長い年月をかけて形成された。その景観の美しさは「東洋のエーゲ海」「世界の宝石」とも称される。

 「どの島を切り取っても、それぞれが一様ではないという面白さが瀬戸内海の魅力」とは、香川大の長谷川修一特任教授。 堆積たいせき した噴出物の違いなどが、台形状の小豆島や豊島、おにぎり形の大槌島、小槌島(ともに無人島)など個性ある島の形を生み出した。「いい意味で不ぞろいなことが、多島美をより価値あるものにしている」と強調する。

 中でも小豆島は、泥岩や砂岩などの軟らかい土壌の「土庄層群」を持つのが特徴。地震などで地滑りを起こし、地層が崩れたことで、千枚田ができた。粘土質で、保水性に優れた土壌を生かし、島内では稲作が盛んに。環境省の「名水百選」にも選定されている湧き水「湯船の水」も、良質な米作りを支えている。

農村の原風景が広がる「中山千枚田」(小豆島町で)
農村の原風景が広がる「中山千枚田」(小豆島町で)

棚田保全へ

 一方で、担い手不足により手つかずの荒れ地も目立ち始めてきた。小豆島町は4月、地域おこし協力隊の「中山棚田活性化推進員」として、小木曽裕紀さん(37)を採用。棚田の保全や課題発見、魅力創出に従事してもらうことにした。

 小木曽さんは10年以上働いた会社を辞め、妻(44)と2人の娘を連れて横浜市から移住。人とのつながりが希薄で、モノや情報にあふれた都会での暮らしに疑問を感じたといい、「海や里山などの魅力が詰まった島で暮らしたい」と、一念発起した。

 平野と違い大型機械が使いにくいほか、複数枚の田を耕すなど作業も増えることから、棚田は「手間は二倍、出来高は半分」とも言われる。それでも日々、“いろは”を教わる中で、「棚田の稲作をより良いものにし、発展させていきたい」との思いを強くする。

オリーブ牛

 小豆島の土庄港から約5キロ西に位置する面積わずか約1.1平方キロ・メートルの小豊島は、今年6月時点で人口12人に対し、飼育されている県産ブランドの「オリーブ牛」が約300頭に上る。

 「この島には牛くらいしか自慢できるものがない」。島内で50年以上、畜産業を営む竹内幸一さん(82)は誇らしげに笑う。

 オリーブ牛は2010年に県内で本格的に飼育が始まると、さっぱりした味わいが徐々に人気を呼び、12年からは海外にも輸出。昨年は県全体の出荷数が2580頭に達し、東南アジアや米国などでも人気という。

 船による出荷は費用もかかるが、竹内さんは180頭近くを育て「小さな島から世界に届けられていることは誇り。畜産を続け、少しでも島を活気づけられれば」と話す。(林信登)

瀬戸内海の多島美が堪能できる屋島からの眺望(高松市で)
瀬戸内海の多島美が堪能できる屋島からの眺望(高松市で)
紫雲出山からの眺望(三豊市で)
紫雲出山からの眺望(三豊市で)

絶景スポットも多彩

 瀬戸内海の多島美は、幕末に来日した地理学者が「世界一美しい」と賞賛したとされ、“フォトジェニック”な(写真映えのする)風景として人気だ。

 その中心である小豆島からも、その絶景は堪能でき、国の名勝・寒霞渓(小豆島町)は、多くの観光客が足を運ぶ定番スポット。麓から山頂までを結ぶロープウェーからは長い歳月で形成された渓谷美、山頂からは四国本土などが見渡せる。

 また、「小瀬の重岩(かさねいわ)」(土庄町)も近年、パワースポットとして注目を集め、約350段の階段を上った標高約150メートル付近では、不思議な巨岩が存在感を放ち、隣島である小豊島や豊島なども一望できる。

 四国本土からも、多島美を楽しめる場所は多い。屋島(高松市)から見下ろす男木島や女木島などの夕景や、紫雲出山(しうでやま)(三豊市)から望む多島美は、「四国八十八景」に選ばれている。

       ◆

 身近な話題を深掘りする連載企画「New門」は今月、滋賀版でも「信楽焼」をテーマに掲載します。読売新聞オンラインで会員の新規登録をすれば、大阪本社版朝刊の各地域版を毎日カラーでご覧いただけます。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2213594 0 New門@香川 2021/07/17 05:00:00 2021/07/17 05:00:00 2021/07/17 05:00:00 農村の原風景が広がる「中山百枚田」(小豆島町で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210716-OYTAI50009-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)