読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

レトロ電車 遍路休憩所に

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

遍路客の休憩所として生まれ変わったレトロ電車(高松市で)
遍路客の休憩所として生まれ変わったレトロ電車(高松市で)
テーブルやノートが置かれた車内(高松市で)
テーブルやノートが置かれた車内(高松市で)
車内に置かれたノートに寄せられたメッセージ(高松市で)
車内に置かれたノートに寄せられたメッセージ(高松市で)

琴電「20形23号」 内装も現役時のまま

高松 NPO、屋根設置資金募る

 現役最古のレトロ電車として人気を集め、昨年9月に引退した高松琴平電気鉄道(琴電)の「20形23号」が、高松市のNPO法人に譲渡され、遍路客の休憩所に生まれ変わった。車両の運搬や設置場所の整備を終え、現在は車両を保護する屋根の整備に向け、400万円を目標額にインターネットで資金を募るクラウドファンディング(CF)を行っている。(高山智仁)

 NPO法人は、四国霊場第八十六番札所・志度寺(さぬき市)近くで遍路客にコーヒーや菓子などを提供するお接待を行う休憩所を運営する「88(エイティエイト)」(高松市牟礼町大町)。

 20形23号は、1925年製造で、近畿日本鉄道から61年に琴電に移り、休憩所の近くを通る志度線で活躍。老朽化で一昨年に廃車計画が発表されたが、がんで他界した妻とよく利用していたNPO法人代表の笹尾正福さん(66)が、「地元で愛された貴重な車両を、お遍路さんの癒やしの場にしたい」と琴電に要望し、昨年12月末に譲り受けた。

 車両を設置する線路や土台のほか、車両脇のホーム部分には、ウッドデッキやグッズなどの販売スペースを親戚の大工職人の協力を得て手作り。車体や内装には手を入れず、テーブルを置いた以外は現役当時のままに、車内の蛍光灯や鉄製の扇風機、車内放送用のマイクやスピーカーは修理。運転席の横にはモニターを設置し、現役時代の姿や運搬時の様子などを収めた動画を見られるようにした。

 コロナ禍のため、周知はしていなかったが1月以降、遍路客や鉄道ファンが少しずつ訪れている。車内に置いたノートには「現役時の雰囲気がそのままにきれいに保存されており感動しました」「昔、近鉄にいたおじいちゃんが検車で大切にしていた車両です。これからもかわいがってあげてください」など、多くのメッセージが寄せられた。笹尾さんは「鉄道ファンではない人にもレトロな車内の雰囲気で表情が明るくなり、喜んでくつろいでもらっている」と顔をほころばせる。

 屋根の設置は元々計画していたが、車両の雨漏りが発覚し、早急に整備するためCFを開始。笹尾さんは「到着やオープンの式典はできなかったが、23号が100歳になる4年後には、多くの人を集めてお祝いをしたい」と構想しており、「少しでも協力を得られればうれしい」と話す。

 CFは「READYFOR」(https://readyfor.jp/projects/58400)で、6月12日午後11時まで募っている。

 問い合わせはNPO法人(080・6282・6088)。

無断転載・複製を禁じます
2050661 0 ニュース 2021/05/14 05:00:00 2021/05/14 05:00:00 2021/05/14 05:00:00 お遍路さんの休憩所として第2の人生を歩み始めたレトロ電車(高松市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210514-OYTNI50004-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)