読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

個性派 四国の鉄塔カード

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

坂出火力線No.75など4枚組み

四国電力送配電が制作した4枚1組の「鉄塔カード」
四国電力送配電が制作した4枚1組の「鉄塔カード」

 四国電力送配電(高松市)は、各県の個性豊かな鉄塔を紹介する「鉄塔カード」(4枚組み)を制作した。200組限定で6月1日から専用サイトで販売するほか、グループ会社などの採用活動でも無料で配布する予定。鉄塔カードは全国の電力会社が制作し、コレクターの人気を集めており、四電送配電は「送配電事業への関心が高まれば」と期待する。(田岡寛久)

四電送配電販売へ 事業に関心を

 四電送配電によると、エリア内には約9200基の鉄塔がある。多くは高度経済成長期に建設され、今後、修繕や更新などの工事が増える見込み。一方で、現場の作業員の高齢化が進み、若者の就業希望者は少なく、技術の継承や人材確保が課題となっている。

 そこで、全国の電力会社が制作した鉄塔カードに着目。近年、鉄塔やダム、マンホールなどインフラのカードがコレクターに人気で、カードで送配電事業を知ってもらおうと、四電送配電も制作を決めた。

 北陸電力送配電が昨年4月に販売した3枚組みカードは、約1000組が完売。インターネットオークションでは3~8倍の価格で取引された。関西電力送配電が就職説明会などで無料配布したカードは、約1万円で落札されたケースもあったという。

 今回、カードにした鉄塔は▽四国と淡路島を結ぶ送電線を支える「鳴門淡路線No.22」(徳島県鳴門市)▽県内で最も高い標高(1435メートル)に位置する「高知幹線No.8」(高知県いの町)▽道後温泉近くの護国神社境内に位置する「道後支線No.12」(松山市)▽高さ60メートル以上で航空法に基づき紅白に彩られ、四国一の回線数を誇る「坂出火力線No.75」(綾川町)――の4基。

 カードは縦8・8センチ、横6・3センチ。表面に鉄塔の写真、裏面には4県の方言を交え設備の情報を記載した。4000組制作し、うち一般販売は200組で、専用のカードケースが付いて500円(税込み)。6月1日以降、四電送配電のホームページから接続できる販売サイトで購入できる。

 四電送配電の担当者は「美しい風景の中にそびえていたり、独特の形状だったり、四国の鉄塔に注目してほしい。好評なら、追加販売や第2弾の制作も検討する」と話している。

無断転載・複製を禁じます
2080797 0 ニュース 2021/05/27 05:00:00 2021/05/27 05:00:00 2021/05/27 05:00:00 四国電力送配電が新たに制作した「鉄塔カード」(高松市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210526-OYTNI50032-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)