平和リース球場 看板お目見え 鹿児島で除幕式

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

球場正面に掲げられた「平和リース球場」の看板
球場正面に掲げられた「平和リース球場」の看板

 鹿児島市の県立鴨池野球場の愛称が「平和リース球場」になったことを受け、愛称ロゴを記した看板の除幕式が現地で行われた。

 平和リース(鹿児島市南栄)が昨年11月、県からネーミングライツ(命名権)を取得した。期間は3年間で、命名権料は年間800万円。

 12日に開かれた除幕式には関係者ら約40人が出席し、三反園知事が「県民に愛され、親しまれる球場となるよう努力したい」とあいさつした。平和リースの松田真義社長は「ここからプロ野球選手や大リーグ選手が生まれてほしい」と語った。

無断転載禁止
444553 0 ニュース 2019/02/15 05:00:00 2019/02/15 05:00:00 2019/02/15 05:00:00 球場正面に掲げられた「平和リース球場」の看板(12日、平和リース球場で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/02/20190214-OYTNI50036-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ