錦江湾で赤潮

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 県は、錦江湾で有害な植物プランクトン「ヘテロシグマ アカシオ」の増殖による赤潮が確認されたとして、2月27日付で赤潮警報を出した。漁業被害の報告はなく、県は周辺の漁協や養殖業者などに注意を呼びかけている。

 県水産振興課によると、赤潮が確認されたのは姶良市重富や鹿児島市吉野町、垂水市牛根境などの沖合。錦江湾では1995年、赤潮の発生で養殖ブリなど約71万匹が死に、約10億円の漁業被害が出た。

467733 0 ニュース 2019/03/01 05:00:00 2019/03/01 05:00:00 2019/03/01 05:00:00

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ