十島村議団が自衛隊誘致を要望 防衛副大臣に

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 十島村の村議団は20日、防衛省を訪れ、原田憲治副大臣に対し、同村にある無人島への自衛隊誘致を求める要望書を提出した。

 無人島は臥蛇がじゃ島、小臥蛇こがじゃ島、小島、横当島、上ノ根島の5島。要望書では、自衛隊が活用することによって、村独自では管理が難しい無人島の治安が確保されるなどの利点を挙げ、「最適な活用方法など、前向きに可能性を検討してもらいたい」としている。

 肥後正司村長は19日、読売新聞の取材に対し、「自衛隊による災害支援、交付金の収入などにも期待している」と語った。訓練などが実施された場合の安全性については「有人島から距離が離れているので、住民への影響は全く考えられない」と強調した。

 村は7月までに全島で開かれる村政座談会で、住民への説明を行い、理解を求めるという。

無断転載禁止
648955 0 ニュース 2019/06/21 05:00:00 2019/06/21 05:00:00 2019/06/21 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ