愛猫の長寿や健康祈願 仙巌園

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

愛猫の長寿を願う絵馬近くで行われた神事
愛猫の長寿を願う絵馬近くで行われた神事

 「にゃん、にゃん、にゃん」の語呂から「猫の日」に定められている2月22日に合わせて、猫を祭ったほこらがある鹿児島市の仙巌園で、愛猫の長寿や健康を祈願する神事が行われた。

 仙巌園によると、島津家17代・義弘は朝鮮出兵の際、7匹の猫を連れて行き、瞳孔の開き具合で時刻を推測したとされている。ほこらは、この7匹のうち、生きて戻った2匹を祭っている。

 神事は毎年行っており、今年は県内外から猫の飼い主ら約20人が参列。持参した愛猫の写真やぬいぐるみ、「これからも元気でいて」などと書かれた絵馬が奉納され、おはらいを受けた。

 10か月~2歳の3匹を飼っている同市の会社員、尾ノ上美幸さん(56)は「猫は生活の中心で、日々癒やしてもらっている。元気に長生きしてほしい」と話していた。

無断転載・複製を禁じます
1067117 0 ニュース 2020/02/23 05:00:00 2020/02/23 05:00:00 2020/02/23 05:00:00 愛猫の長寿を願う絵馬 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/02/20200222-OYTNI50019-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ