新型コロナ 宿泊施設損失8億円

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの影響で、2~4月の県内の宿泊施設55か所の宿泊や宴会のキャンセル数が10万7000人分となり、損失額は約8億円に上っていることがわかった。県ホテル旅館生活衛生同業組合のアンケート調査で判明した。

 同組合によると、加盟317社のうち、主要観光地の鹿児島、霧島、指宿3市の55施設にアンケートを実施。9日時点で2~4月のキャンセルが宿泊で8万5000人分、宴会で2万2000人分に上ったという。

 この結果を受け、同組合と日本旅館協会九州支部連合会県支部は18日、三反園知事に要望書を提出。雇用調整に関する補助や国税の減免を国に求めるよう要請した。同組合の淵村文一郎理事長は「日ごとに影響は大きくなっている。終息後も見据えた対策をお願いしたい」と話していた。

■来月から無期限休館

 宿泊のキャンセルが相次いでいることを受け、日置市東市来町のホテル「オーシャンリゾートえぐち家」が、4月から無期限で休館することを明らかにした。別棟の立ち寄り温泉については営業を続けるという。

無断転載禁止
1115730 0 ニュース 2020/03/19 05:00:00 2020/03/19 05:00:00 2020/03/19 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
店内商品1,000円以上(税込)お買上げの方に、JERSEYオリジナルグッズをプレゼント。 ※先着50名様
参考画像
100円割引

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ