薩摩川内市職員が牛乳購入 酪農家らを支援

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

牛乳を受け取る薩摩川内市職員
牛乳を受け取る薩摩川内市職員

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う休校が続く中、薩摩川内市では、市職員による牛乳の購入を推進し、給食用牛乳を提供する酪農家らを支援する取り組みを進めている。24日には市内の事業者から市役所に牛乳計約1000本が届けられ、多くの職員が新鮮な牛乳を受け取った。

 同市商工政策課によると、休校に伴う給食の停止で、生乳を扱う業者や生産元の酪農家にも経済的な影響が広がっている。こうした中、職員らでつくる職員厚生会が本庁に勤務する職員約650人に牛乳の購入を呼びかけたところ、同日は1リットル入り牛乳569本、200ミリ・リットル入り504本の注文があったという。

 職員厚生会の福山勝広事務局長は「市役所として何か協力できないかと呼びかけたところ、多くの職員が賛同してくれた。今後も状況を見ながら、取り組みを続けたい」と話した。

無断転載禁止
1128607 0 ニュース 2020/03/26 05:00:00 2020/03/26 05:00:00 2020/03/26 05:00:00 牛乳を受け取る薩摩川内市職員(24日、薩摩川内市役所で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/03/20200325-OYTNI50013-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

参考画像
100円割引
参考画像
5000円以上お買上で5%OFF(マイカーで御来店のお客様のみ、特価品、食料品は除く)

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ