アマビエと甘エビ“共演” 小学校に地上絵

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

武小の校庭に描かれた甘エビとアマビエ(甘エビの目の右上)
武小の校庭に描かれた甘エビとアマビエ(甘エビの目の右上)

 新型コロナウイルスの終息を願うとともに、子どもたちに笑いを届けようと鹿児島市立武小の保護者らが30日、校庭に妖怪「アマビエ」と、言葉が似ている県特産の「甘エビ」の地上絵を描いた。

 保護者ら約30人は屋上からの指示を受けながら石灰で、約3時間かけて縦45メートル、横70メートルの巨大な作品を完成させた。甘エビの近くには「笑いの力で疫病退散 武おやじの会」というメッセージを添えた。

 アマビエは人魚のような姿をした妖怪。江戸時代に現在の熊本県の海に現れ、疫病の到来を予言したとされる。甘エビは、子どもたちに県特産だと知ってもらおうと、“共演”させた。

 保護者らで作る「武おやじの会」の佐野広幸さん(49)は「新型コロナの影響で休校するなど子どもたちもストレスを感じているはず。保護者たちの活動を知っておもしろがってくれれば」と話した。

無断転載・複製を禁じます
1250439 0 ニュース 2020/05/31 05:00:00 2020/05/31 05:00:00 2020/05/31 05:00:00 武小の校庭に描かれたアマビエと甘エビ https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/05/20200530-OYTNI50024-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ