レブナイズ選手ら田植え バスケB3、伊佐米PR

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

田植えをする鹿児島レブナイズの選手ら
田植えをする鹿児島レブナイズの選手ら

 男子プロバスケットボールB3リーグ所属の「鹿児島レブナイズ」の選手ら約20人が1日、伊佐市菱刈前目の田んぼで田植えをした。

 「伊佐米」のPRなどが目的で、毎年、選手らが田植えと稲刈りを行っている。

 選手らは、同市後援会長の農業小北剛さん(40)の田んぼに入り、苗を数本持ち、腰を曲げて植えていった。

 例年は、ファンや市内の中高生らが参加するが、今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため規模を縮小して行った。

 鹿児島市出身の鮫島和人選手(27)は「しっかり稲刈りができるように心を込めて植えました」と話していた。

無断転載・複製を禁じます
1314148 0 ニュース 2020/07/02 05:00:00 2020/07/02 05:00:00 2020/07/02 05:00:00 田植えをする鹿児島レブナイズの選手ら https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/07/20200701-OYTNI50033-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ