坪山豊さんが死去 89歳、奄美島唄の第一人者

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 奄美島唄の第一人者、坪山豊さんが20日、老衰のため奄美市内の病院で亡くなった。89歳だった。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、22日の告別式は近親者のみで執り行う。一般向けの焼香は、同日午前8時半から同10時、奄美市名瀬末広町17の3青葉会館で行われる。喪主は妻の利津子りつこさん。

 宇検村出身。舟大工の傍ら、広く親しまれているワイド節や綾蝶あやはぶら節などを作曲し、島唄の掘り起こしや普及、継承にも力を尽くした。2003年度の県民表彰(教育文化部門)に選ばれた。

無断転載・複製を禁じます
1357494 0 ニュース 2020/07/22 05:00:00 2020/07/22 05:00:00 2020/07/22 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ