出水ツル1万5390羽 今季2回目調査

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

出水平野の上空を飛ぶツルの群れ
出水平野の上空を飛ぶツルの群れ

 国内最大級のツルの越冬地・出水市で21日早朝、今季2回目の羽数調査があり、計1万5390羽が計測された。24季連続の「万羽鶴」を達成した7日より約2000羽増えた。

 調査は、地元の中学生や県ツル保護会のメンバーらが保護区となっている荒崎、東干拓の2か所で実施。ツルのねぐらから鳥インフルエンザウイルスが検出されたことを受け、シューズカバーを付けるなどの対策を行った。

 ツルの内訳は、ナベヅル1万4735羽、マナヅル639羽、クロヅル7羽、カナダヅル6羽、ナベクロヅル2羽、アネハヅル1羽だった。

 次回の調査は28日の予定。

無断転載・複製を禁じます
1644290 0 ニュース 2020/11/22 05:00:00 2020/11/22 05:00:00 2020/11/22 05:00:00 出水平野上空を飛ぶツルの群れ(21日、出水市で)=姫野陽平撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/11/20201121-OYTNI50015-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ