読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

屋台村あす“閉村” 営業9年、400万人来訪

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

年内で営業を終了する「かごっまふるさと屋台村」
年内で営業を終了する「かごっまふるさと屋台村」

 鹿児島市のJR鹿児島中央駅近くに飲食店26店舗が軒を連ねる「かごっまふるさと屋台村」が31日、約9年の営業に幕を下ろし、“閉村”する。

 屋台村は2012年4月開業。運営するNPO法人「鹿児島グルメ都市企画」によると、これまでに400万人が訪れ、総売り上げは55億円。同駅周辺の観光拠点となったほか、3年ごとに出店者を公募したことで店舗の開業を目指す若手の育成の場ともなった。

 土地を所有する同市の総合商社・南国殖産によると、営業は当初から9年の予定だった。屋台村は年明けに解体の工事が始まり、その後の土地活用については検討中としている。

 鹿児島グルメ都市企画の古木圭介理事長(77)は「一人で来たお客さんも隣同士で仲良くなって帰るような憩いの場となったと思う。来てくれた方々には感謝しかない」と話した。

無断転載・複製を禁じます
1737768 0 ニュース 2020/12/30 05:00:00 2020/12/30 05:00:00 2020/12/30 05:00:00 近く営業を終了する「かごっまふるさと屋台村」 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/12/20201229-OYTNI50003-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)