読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

3密避け静かな初詣 霧島神宮

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの感染拡大後、初めて迎えた元日の1日、霧島市の霧島神宮には初詣客らが訪れ、無病息災などを願った。参拝の列は例年に比べて小規模で、静かな参拝風景となった。

 同神宮によると、三が日の参拝者数は毎年30万人前後。「3密」を避けるため、年末年始の分散参拝を呼びかけているほか、参道を一方通行にするなど、境内の感染予防策も徹底し、参拝者を迎えているという。

 周辺の渋滞はなく、本殿前の混雑は百数十メートルだけ。参拝者は約1メートルの間隔で付けられた足形の印に沿って並び=写真=、自分の番が来るとさい銭を投げ入れ、手を合わせていた。禰宜ねぎの赤崎大和さん(59)は「人出は例年の半分以下で、こんな三が日は初めて」と話した。

無断転載・複製を禁じます
1743272 0 ニュース 2021/01/03 05:00:00 2021/01/03 05:00:00 2021/01/03 05:00:00 間隔を保つマークが設けられた本殿前(霧島市の霧島神宮で)=小山田昌人撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210102-OYTNI50005-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)