読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

セリバオウレンかれん 県民の森

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 姶良市と霧島市にまたがる県民の森で、キンポウゲ科の多年草、セリバオウレンがかれんな1センチほどの白い花を咲かせ、訪れた人たちの目を楽しませている=写真=。

 根茎は薬草として胃腸薬などに使われる。約30年にわたり毎月訪れているという薬剤師の河野通浩さん(59)(垂水市)によると、3月上旬まで見頃が続くという。「寒い場所で育つ薬草。鹿児島で花を見ることができるのは貴重」と話す。

 県民の森は入場無料。水曜休園。セリバオウレンは、園内の「自然薬草の森」(霧島市、5.3ヘクタール)で見ることができる。問い合わせは、県民の森緑化センター(0995・59・2374)へ。

無断転載・複製を禁じます
1826241 0 ニュース 2021/02/08 05:00:00 2021/02/08 05:00:00 2021/02/08 05:00:00 かれんな花を咲かせているセリバオウレン https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210207-OYTNI50010-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)