読売新聞オンライン

メニュー

保健所に感謝の花束 鹿児島 匿名で100束

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの業務にあたる鹿児島市の保健所に12日、匿名でミニ花束100束が届けられた。

 12日午前11時頃、保健所の窓口に市内の花屋が届けに訪れた。依頼主は匿名で、花屋に「コロナの拡大防止に取り組む保健所職員を応援したい」との言葉を伝えたという。花束は赤やオレンジなど色とりどりの3、4輪で作られ、それぞれに「感謝の気持ちを込めて」とするメッセージが添えられている。

 職員は市民への連絡や入院の手配などで、多忙な毎日を送っている。保健予防課の土屋幹雄課長は「応援してくれる人がいると思うだけで心の支えになる」と喜んだ。花束は、保健所に飾られたり、民間の医療機関や検査機関などに配ったりするという。

無断転載・複製を禁じます
1838722 0 ニュース 2021/02/13 05:00:00 2021/02/13 05:00:00 2021/02/13 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)