読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

甘い香り 降り注ぐ 霧島

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 霧島市牧園町の和気わけ公園で、藤の花が見頃となり、訪れた人たちの目を楽しませている=写真=。

 紫やピンク、白の藤の花が、高さ約2.5メートルの藤棚から垂れ下がっており、周囲に甘い香りが漂っている。公園内の藤棚は計約2500平方メートル。23種類計約100本の藤が植えられている。

 和気公園は、奈良時代末期から平安時代初期にかけて活躍した和気清麻呂をまつる和気神社に隣接しており、清麻呂の出生地の岡山県和気町から2000年に藤を譲り受けた。

 宮崎県高原町の主婦鹿口かぐちセイ子さん(77)は「花のきれいなパワーをもらって明日からの活力にしていきたい」と話していた。

 見頃は25日頃まで。入場無料。問い合わせは、市観光PR課(0995・64・0895)へ。

無断転載・複製を禁じます
1996256 0 ニュース 2021/04/20 05:00:00 2021/04/20 05:00:00 2021/04/20 05:00:00 藤棚から垂れ下がり、レースのカーテンのように見える藤の花 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210419-OYTNI50016-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)