読売新聞オンライン

メニュー

商業施設ライカ 正式開業 鹿児島中央タワー内

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

式典でテープカットする庵下理事長(左から2人目)、永山社長(同4人目)ら
式典でテープカットする庵下理事長(左から2人目)、永山社長(同4人目)ら

 鹿児島市のJR鹿児島中央駅前の再開発ビル「鹿児島中央タワー」(地上24階、地下1階)内の商業施設「 Li―Kaライカ 1920」が18日、グランドオープンした。

 管理・運営する南国プロパティマネジメントによると、Li―Kaは同ビルの1~7階で、この日は県内初出店の時計メーカー「ダニエル・ウェリントン」や「ニトリ デコホーム」など18店舗が開店した。9月までに残る1店舗もオープンし、計41店舗がそろう。5階には約90席のコワーキングスペース(共有オフィス)が設置されている。

 この日、施設内で式典が開かれた。施行者の中央町19・20番街区市街地再開発組合の庵下龍馬理事長(69)は「県内外の多くの人に楽しんでもらい、これまで以上のにぎわいが創出されることを願っている」とあいさつ。設計や工事を担った南国殖産の永山在紀社長(81)は報道陣の取材に対し、「鹿児島の表玄関にふさわしいランドマークとなりうれしい。商店街や行政とも協力して地域経済の発展に役立ちたい」と話した。

無断転載・複製を禁じます
2137118 0 ニュース 2021/06/19 05:00:00 2021/06/19 05:00:00 2021/06/19 05:00:00 式典でテープカットする永山社長(右から3人目)ら https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210618-OYTNI50025-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)