読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

南アチーム東京へ出発

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

ホテルの従業員らが見送る中、バスへ向かう選手たち
ホテルの従業員らが見送る中、バスへ向かう選手たち

 鹿児島市で事前合宿を行っていた東京五輪の男子7人制ラグビーの南アフリカ代表チームは23日、同市のホテルを出発し、チャーター機で東京に向かった。

 17日に鹿児島に到着後、ニール・パウエル監督の感染が判明し、9人が濃厚接触者に。20日になってようやく屋外での練習をスタートさせた。

 濃厚接触者はチャーター機、それ以外は通常の航空機で移動する予定だったが、23日のPCR検査で1人が「保留」となり結果が出るのが遅れた。その後、陰性だと判明したが、19人全員がチャーター機を利用することになった。

 選手団は市内のホテルから出発する際、見送った市職員やホテルスタッフらに笑顔で手を振るなどリラックスした様子を見せていた。

 市スポーツ課の梶原剛課長は「感染が拡大しないようサポートしてきた。選手の皆さんには活躍していただきたい」と話した。

 南アフリカ代表は26日にアイルランド戦に臨む。パウエル監督は鹿児島からリモートで指揮を執る予定。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2229648 0 ニュース 2021/07/24 05:00:00 2021/07/24 05:00:00 2021/07/24 05:00:00 ホテルからバスへ向かう選手たち(鹿児島サンロイヤルホテルで)=大里修弘撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210723-OYTNI50029-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)