読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

複合拠点施設「川内駅パーク」開業 

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

グランドオープンした川内駅コンベンションパーク。コンベンション施設(中央)、ホテル(右)などが整備された
グランドオープンした川内駅コンベンションパーク。コンベンション施設(中央)、ホテル(右)などが整備された

 薩摩川内市のJR川内駅東口にホテルやカフェ、広場などが一体となった複合拠点施設「川内駅コンベンションパーク」が1日、グランドオープンした。

 敷地面積は約8000平方メートルで、交流人口を増やし、街のにぎわいを創出する狙い。駅周辺の再開発構想が1993年にスタート。2019年に着工し、約75億円をかけて整備が進められてきた。今回、1月に開業済みのコンベンション施設「SSプラザせんだい」南側に民間商業施設が加わった。

 このうち「S CUBE HOTEL by SHIROYAMA(エス キューブ ホテル バイ シロヤマ)」は鉄骨造り地上7階建て。市内の企業などが出資する株式会社「薩摩川内」が運営し、城山ホテル鹿児島(鹿児島市)が運営パートナーとして参加する。客室はシングル54室など計72室で、木を基調としたインテリアなどが特徴だ。

 また、物産展の開催などに活用できる広場やカフェ、コワーキングスペース(共有オフィス)もできた。

 この日は、SSプラザせんだいで市主催の記念式典が開かれ、約500人が参加した。田中良二市長は「市の新しいランドマーク。幅広く活用し、北薩全体の地域振興につなげていただければ」とあいさつ。薩摩川内観光大使の歌手・AIさんも駆けつけ、「Story」など計4曲を披露した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2253186 0 ニュース 2021/08/02 05:00:00 2021/08/02 05:00:00 2021/08/02 05:00:00 グランドオープンした川内駅コンベンションパーク=小川晶弘撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210801-OYTNI50008-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)