横浜港ロープウェー 桜木町―運河パーク3分で

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

ロープウェーのイメージ(横浜市提供)。みなとみらい21地区などの景観を眺めながら移動できる
ロープウェーのイメージ(横浜市提供)。みなとみらい21地区などの景観を眺めながら移動できる

 

市が建設計画 五輪後も常設へ

 横浜市は13日、みなとみらい21地区のJR桜木町駅―新港ふ頭間で検討中のロープウェーの建設計画の詳細を明らかにした。桜木町駅前と新港ふ頭の運河パーク内に停留所を設置し、この間の約630メートルを片道2分半~3分程度で運行する。2020年東京五輪・パラリンピックまでの開業を目指し、大会期間中は観光資源として活用。その後も常設する方針だ。

 計画は、市と、みなとみらい21地区の遊園地「よこはまコスモワールド」を運営する泉陽興業(大阪市)が進めている。

 市は同日の市議会常任委員会で詳細を説明した。それによると、支柱は遊歩道「汽車道」に沿って海上部分に3本、地上部分に2本を設置し、ゴンドラ36基が高さ約30~40メートルで運行する。乗車定員は8人で、車いすでの乗車も可能となる。運賃は検討中だ。

 市によると、計画が昨年5月に明らかになって以降、近隣の一部事業者などからは景観への影響を懸念する声が上がった。このため、ロープウェーの色合いを景観に合わせるなどして調整を進めている。市都市整備局の小池政則局長は常任委で、平地に設置される都市型ロープウェーが国内で常設された例はないとし、「話題性がある。臨海部の魅力を楽しんでもらえる施設になる」と述べた。

 運河パーク内の停留所は、近くの商業施設「ワールドポーターズ」や歩道橋「サークルウォーク」に2階部分で接続することも検討中で、実現すれば、今年秋に新港ふ頭に開業する新客船ターミナル、横浜赤レンガ倉庫方面への移動環境が向上する。

 市は2017年度、臨海部エリアで町並みを眺めながら移動できる新たな交通システムについて民間企業の提案を募集し、同社が手を挙げた。停留所や支柱の設置場所は市が管理しており、有償で貸与する。設置や運営費用は同社負担。市は今後、同社と協定を締結し、新年度中の着工を見込んでいる。

442743 0 ニュース 2019/02/14 05:00:00 2019/02/14 05:00:00 2019/02/14 05:00:00 2020年開業予定のロープウェーのイメージ(横浜市提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/02/20190213-OYTNI50039-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ