デフリンピック普及 井上康生さんら対談

[読者会員限定]
無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

デフリンピック・フェスティバルで対談する井上さん(右から2人目)と乙武さん(同3人目)
デフリンピック・フェスティバルで対談する井上さん(右から2人目)と乙武さん(同3人目)

 聴覚障害者の国際スポーツ大会「デフリンピック」をより多くの人に知ってもらおうと、横浜市西区高島の新都市ホールで2日、普及イベント「デフリンピック・フェスティバル」(全日本ろうあ連盟主催)が初めて開かれた。

 フェスティバルでは、「五体不満足」の著者で作家の乙武洋匡さんが聞き手となり、柔道のシドニー五輪金メダリストの井上康生さんと障害者スポーツをテーマに対談。井上さんは小学生の頃、自身の通っていた道場で視覚障害者の柔道家と一緒に稽古をしていた経験を披露し、「パラリンピックを目指している方で、子供心ながらにいろいろ学んだ」と振り返った。

 井上さんは、聴覚障害者の柔道については「(耳が)聞こえない中で研ぎ澄まされた感覚が必要になってくる」と指摘。現在は、柔道全日本男子の監督を務めていることもあり、「(聴覚障害者の柔道が)発展していくことを心から願っている」と語った。

470491 1 ニュース 2019/03/03 05:00:00 2019/03/03 05:00:00 2019/03/03 05:00:00 デフリンピック・フェスティバルで対談した井上さんと乙武さん(2日、横浜市西区で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/03/20190302-OYTNI50013-T.jpg?type=thumbnail

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ