「はるみ」収穫最盛期 平塚

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

コンバインで収穫される「はるみ」(27日、平塚市真田地区で)
コンバインで収穫される「はるみ」(27日、平塚市真田地区で)

 栽培面積、収穫量ともに県内一の米どころの平塚市で、主力品種「はるみ」の収穫が最盛期を迎えている。

 はるみは、市内のJA全農営農・技術センターでコシヒカリとキヌヒカリを掛け合わせて開発された。ツヤと甘みがあり、冷めてもおいしいのが特徴で、2016年度から2年連続で食味ランキング特Aを獲得した。

 JA湘南(平塚市、大磯、二宮町)管内では今年は約1700トンの収穫が見込まれ、11月中旬までに約700トンが農産物直売所などで販売される。

 真田地区生産組合長は「例年より収穫量は少ないが、実の太りはいい。量より質だ」と手応えを感じている。

無断転載禁止
816808 0 ニュース 2019/09/28 05:00:00 2019/09/28 05:00:00 2019/09/28 05:00:00 コンバインで収穫される「はるみ」(27日午前11時20分、平塚市真田市区で)=池尻敦撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/09/20190927-OYTNI50021-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

ラグビーワールドカップ

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ