鎌倉花火大会 来年は中止 五輪・パラ影響

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 鎌倉市観光協会などは25日、1948年から71年間続いている鎌倉花火大会の来年の開催を中止すると発表した。同花火大会は、由比ヶ浜・材木座海岸で開かれている鎌倉の夏の風物詩で、今年は約2500発の花火を約13万人の来場者が楽しんだ。

 市観光協会によると、来年は東京五輪・パラリンピックの影響で十分な警備員を確保できる見通しが立たず、花火台船を停泊させる湘南港も五輪セーリング競技会場となるため、運営が難しいと判断した。

 日程変更も検討されたが、地元の漁への影響などを考慮して断念した。

無断転載禁止
971866 0 ニュース 2019/12/26 05:00:00 2019/12/26 05:00:00 2019/12/26 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ