読売新聞オンライン

メニュー

海開き2年ぶり

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

葉山と三浦

 葉山町の森戸、一色、長者ヶ崎・大浜の3海水浴場と三浦市の和田海水浴場が2日、県内で最も早く海開きを迎えた。昨年は新型コロナウイルス感染拡大のため県内全海水浴場が閉鎖されており、海開きは2年ぶり。

 森戸海水浴場では悪天候のため式典は中止に。森戸大明神で神事のみ実施された。砂浜に利用客の姿は見られなかったが、海の家「たからや」オーナーの男性(39)は「例年、梅雨時の海開きなので雨は気にならない。2年ぶりに町民に海水浴を楽しんでもらえることはうれしい」と笑顔だった。

 和田海水浴場でも、海水浴場組合などの関係者十数人が神事で安全を祈願した。

無断転載・複製を禁じます
2175422 0 ニュース 2021/07/03 05:00:00 2021/07/03 05:00:00 2021/07/03 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)