読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「吉兆もたらす」双頭蓮

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

1本の茎から二つの花が咲いたハス(5日、鎌倉市岡本で)
1本の茎から二つの花が咲いたハス(5日、鎌倉市岡本で)

 鎌倉市岡本の県立大船フラワーセンターで、1本のハスの茎に二つの花が咲く「 双頭蓮そうとうれん 」が5日、見つかった。

 センターによると、双頭蓮は50~100年に1度現れる現象で、吉兆をもたらすとの言い伝えがあるという。6月中旬に1本の茎につぼみが二つついていた。ハスは3、4日で散るため、6日が見頃だという。

 センターの榎本浩園長(55)は「花が咲くか心配だった。なかなか見られるものではなく、私も直接見たのは初めて」とうれしそうに話していた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2181712 0 ニュース 2021/07/06 05:00:00 2021/07/05 22:40:05 2021/07/05 22:40:05 1本の茎から2つの花が咲いた蓮(5日午後1時34分、鎌倉市岡本で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210705-OYTNI50035-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)