読売新聞オンライン

メニュー

色形自由に躍動

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

       クーカで活動する池田justineさんの「mermaid」
       クーカで活動する池田justineさんの「mermaid」

 平塚市の障害者福祉サービス事業所「 studioスタジオ   COOCAクーカ 」で活動するアーティストたちの作品展が10日から、市美術館で開かれる。斬新な色づかいや造形美の絵画や立体作品、約300点が展示される。(小沢克也)

 クーカは、「工房  かい 」としての活動を経て2009年に設立された事業所。約100人のハンディキャップを持った人たちがアート制作を中心に活動している。

 著名な画家らが出品する「アートフェア東京」で高い評価を受ける人や、文部科学省の障害教育推進のためのスペシャルサポート大使に任命されている人もいる。作品をモチーフにしたポーチやペンケースが販売されており、作品が商品のパッケージに使用されているケースもある。

 作品展「スタジオクーカのパッパラパラダイス2021―これがとってもとくいです―」は、東京五輪・パラリンピックに合わせて昨年開催する予定だったが、大会とともに延期され、今回は市美術館開館30周年記念として行うことになった。

 9月12日まで(月曜休館、8月9日は開館し、翌日休館)の午前9時半~午後5時。観覧料は大人700円、大学・高校生500円。問い合わせは市美術館(0463・35・2111)へ。

無断転載・複製を禁じます
2185128 0 ニュース 2021/07/07 05:00:00 2021/07/07 05:00:00 2021/07/07 05:00:00 池田justineさんの「mermaid」 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210707-OYTNI50003-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)