読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

はやぶさ2宇宙のロマン 海老名でカプセル展示へ 全長6メートル実物大模型も

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

公開される帰還カプセルの背面ヒートシールド
公開される帰還カプセルの背面ヒートシールド

 小惑星リュウグウの石や砂を地球に持ち帰った探査機「はやぶさ2」のカプセルが9月3~7日、海老名市のロマンスカーミュージアムで公開される。ミュージアムを運営する小田急電鉄は、「はやぶさ2の宇宙の旅とロマンスカーによる沿線の旅を比較しながら、最新の宇宙科学研究に親しんでほしい」としている。

 カプセルは直径約40センチ、重さ約16キロ。昨年12月に地球に接近したはやぶさ2から分離し、豪州のウーメラ砂漠にパラシュートで着地した。

 ミュージアムで公開されるのは、大気圏突入時の熱から内部を守った「ヒートシールド」や本体容器、パラシュートなど5点。歴代ロマンスカーが並ぶギャラリーで、全長6メートルのはやぶさ2の実物大模型などと共に展示する。

 はやぶさ2を運用する宇宙航空研究開発機構( JAXAジャクサ )は3月に相模原市立博物館(相模原市中央区)でカプセルを公開した後、さらに多くの人に見てもらうため巡回展示の希望施設を募集。県内唯一となる同ミュージアムを含む全国21施設が選ばれた。

 公開は午前10時~午後6時。料金は中学生以上900円、小学生400円、3歳以上100円。公式ホームページ(https://www.odakyu.jp/romancecarmuseum/)から事前予約が必要。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2327523 0 ニュース 2021/08/31 05:00:00 2021/08/31 05:00:00 2021/08/31 05:00:00 世界で初公開されたJAXAの探査機「はやぶさ2」の帰還カプセルの背面ヒートシールド(12日午前9時25分、相模原市の市立博物館で)=三浦邦彦撮影公開されたJAXAの探査機「はやぶさ2」の帰還カプセルの背面ヒートシールド(12日午前、相模原市で)=三浦邦彦撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210830-OYTNI50046-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)