ガス濃度上昇は計測装置の故障

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

箱根・大涌谷園地 箱根町は9日、観光名所「大涌谷園地」の遊歩道(閉鎖中)入り口近くに設置した火山ガス自動計測装置が故障していたと発表した。この装置は8月31日と今月2日に屋内退避基準(5ppm)を超える二酸化硫黄を計測し、観光客が一時避難するなどしていた。

 町によると、3日に同じ場所に設置した携帯型計測器に異常がないのに元々あった計測装置の数値が不安定だったため、8日に点検した。その結果、二酸化硫黄の成分を抽出するフィルターの劣化が判明。交換したところ、ほぼ0・2ppm未満と、携帯型計測器と同じ数値に下がったという。フィルターの交換は年1回で、昨年12月に行っていた。

 町総務防災課は「フィルターに他の火山ガスの成分も付着して濃度が上昇した。今後は定期点検の頻度を増やすなどしたい」としている。

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
2354823 0 ニュース 2021/09/10 05:00:00 2021/09/10 05:00:00 2021/09/10 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)