横須賀でBMX公式戦 7月「ジャパンカップ」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

協定を記念してオフロードバイクとスカジャンを交換した上地市長(左)と出口理事長(横須賀市役所で)
協定を記念してオフロードバイクとスカジャンを交換した上地市長(左)と出口理事長(横須賀市役所で)

 スケートボードやダンスなどのアーバンスポーツを通じた地域活性化を図る横須賀市は、全日本フリースタイルBMX連盟と、BMXフリースタイルの公式戦「ジャパンカップ横須賀大会」の開催など5項目の連携協定を結んだ。

 ジャパンカップは7月22~24日、同市の「うみかぜ公園」で、五輪種目で空中トリックが魅力のフリースタイル・パークとバランス力が問われるフラットランドの2種目が行われる。

 4月27日に市役所で行われた調印式で上地克明市長が「横須賀をアーバンスポーツの聖地にしたい」と述べ、連盟の出口智嗣理事長は「選手が輝ける場所を作るきっかけになれば」と話した。協定ではこのほか、ジャパンカップで使用した設備が市に寄贈されることも決まった。

 上地市長と出口理事長は提携を記念し、スカジャンとオフロードバイクを交換。千葉市で4月に開かれた国際大会「Xゲームズ」の男子フラットランドで優勝した早川起生選手(20)や横須賀市出身でフリースタイル・パークの 大和おわ 晴彦選手(19)らトップライダー4人も出席し、技を披露した。

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
2964815 0 ニュース 2022/05/01 05:00:00 2022/05/01 08:43:08 2022/05/01 08:43:08 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/04/20220430-OYTNI50047-T-e1651362184499.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)