宮崎大祐監督 「何もない」街の魅力発信

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

撮影場所となった大和駅前の喫茶店「フロリダ」で映画への思いを語る宮崎さん
撮影場所となった大和駅前の喫茶店「フロリダ」で映画への思いを語る宮崎さん

 大和市を舞台にしたオムニバス映画「MADE IN YAMATO」が製作され、28日から横浜市中区の「横浜シネマリン」など全国で順次上映される。発起人となった大和市在住で映画監督の宮崎大祐さん(42)は「この作品をきっかけに、大和を映画の街として盛り上げたい」と意気込んでいる。

■コロナ禍に発案 製作されたのは、5人の監督によるそれぞれ短編映画で「あの日、この日、その日」「四つ目の眼」「まき絵の冒険」「エリちゃんとクミちゃんの長く平凡な一日」「三月の光」。計120分の作品にテーマや内容のつながりはないが、舞台となる市役所や喫茶店、運動場、公園などすべてが大和市内だ。

 宮崎さんは、市イベント観光協会が毎年開いている「夏休みこども映画教室」の講師を務めていた。子どもたちが3日間かけて、企画、撮影、上映会まで挑戦したが、2020年からは新型コロナウイルスの感染拡大で中止となった。そこで「何か別なことをできないか」と同協会や4人の監督仲間に提案し、昨春から半年ほどかけて映画製作に取り組んだ。

■世界との共通点 大和市で生まれ育った宮崎さんはもともと、「何もない場所で映画が撮れるわけがない」と、地元に対してコンプレックスがあったという。だが、この10年ほどで海外50か国近くを渡り歩くなか、首都以外はどこも同じ景色に映ったという。

 「『何もない』という共通点で、世界とつながれるのではないか」という考えと不安を抱えながら大和市で撮影すると、市街地に自然もあり、東京都内からの交通の便もいい。「見方を変えれば、いくらでも撮れるものがあるということに気づいた」

 16年には、大和市を舞台にした「大和(カリフォルニア)」を撮影。約20か所の国際映画祭で上映され、海外のファンが大和を訪れるまでになった。地元の魅力を改めて知ったという宮崎さんは「大和はどこにでもあるような街だが、多くの街につながっている」。今後も撮影を通して発信していくつもりだ。

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
3008055 0 ニュース 2022/05/18 05:00:00 2022/05/18 05:00:00 2022/05/18 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220517-OYTNI50046-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)