カレーの祭典3年ぶり

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

ご当地カレーを食べ比べる来場者(21日、横須賀市の三笠公園で)
ご当地カレーを食べ比べる来場者(21日、横須賀市の三笠公園で)

 全国のご当地カレーが集まる「よこすかカレーフェスティバル2022」が21日、横須賀市の三笠公園で始まった。会場は食欲をそそるスパイスの香りが漂い、海上自衛隊の横須賀、呉、舞鶴各基地のカレーコーナーなどには家族連れらが長い列を作った。22日まで。

 新型コロナの影響で2年連続で中止となり、3年ぶりの開催。福島県会津若松市の地鶏カレーや埼玉県北本市のトマトカレー、北九州市の焼きカレーなど60店以上が軒を並べ、横須賀市のよこすか海軍カレー16店から3種類を選ぶ5000食限定「カレーバイキング」も人気を集めた。

 家族4人でバイキングのカレーを食べ比べた埼玉県上尾市の男性(59)は「それぞれ味の違いが楽しめた。ご飯が進んだ」と笑顔だった。

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
3020599 0 ニュース 2022/05/22 05:00:00 2022/05/22 05:00:00 2022/05/22 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220522-OYTNI50006-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)