ボクシング 川崎選手37歳で王者 活動報告

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

王座獲得を報告した川崎選手
王座獲得を報告した川崎選手

 ボクシング日本スーパーウエルター級の王座決定戦を制した川崎真琴選手(38)(川崎市宮前区)が24日、川崎市役所を訪れ、福田紀彦市長に王座獲得を報告した。現役王者などを除き、ボクシングライセンスは37歳で失効するが、川崎選手は37歳11か月で王座を獲得。「継続は力なり」と力を込め、初の防衛戦に向けて早くも意気込みを新たにしている。

 川崎選手の本名は岡本真さん。生まれも育ちも川崎市で、リングネームは愛する地元にちなんでつけた。キックボクサーを経て、2012年にボクシングでプロデビュー。17年と19年の2度にわたり王座に挑んだが獲得ならず、今年4月の決定戦でついにベルトを奪った。現役王者としては最年長での王座獲得となる。

 福田市長は「皆に勇気を与えてくれるチャンピオン。今後も勝ち続けてほしい」と激励。川崎選手は「長く苦労してきたが、夢を一つかなえられた。防衛を重ねたい」と意気込みを語った。初の防衛戦は7月12日に予定されている。

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
3027924 0 ニュース 2022/05/25 05:00:00 2022/05/25 05:00:00 2022/05/25 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220524-OYTNI50062-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)