読売新聞オンライン

メニュー

大阪万博、ロゴ決定…「いのちの輝き」表現

[読者会員限定]
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 2025年大阪・関西万博の運営組織「日本国際博覧会協会」(万博協会)は25日、万博のシンボルとなるロゴマークを発表した。

大阪・関西万博のロゴマークと制作した「TEAM INARI」代表のシマダタモツさん(25日午後、大阪市北区で)=前田尚紀撮影
大阪・関西万博のロゴマークと制作した「TEAM INARI」代表のシマダタモツさん(25日午後、大阪市北区で)=前田尚紀撮影

 制作者は大阪市のグラフィックデザイナー、シマダタモツさん(55)ら「TEAM INARI」の6人。「セル(細胞)」をイメージした赤い円を連ね、万博のテーマである「いのちの輝き」を表現したという。有識者や文化人でつくる選考委員会11人が、公募作品5894点を5点に絞り込んだ上で選定。「大阪らしい楽しさがある」「大きな可能性と潜在性がある」と過半数が賛成した。

 座長の建築家・安藤忠雄さんは「違った方向を向いていて変わったマーク。エネルギーがあり、希望が持てる」とコメントした。シマダさんは1970年の大阪万博で、芸術家・岡本太郎が手がけた「太陽の塔」に衝撃を受けたといい、記者会見で「(太陽の塔の)足元にも及ばないが、当時のDNAが表現できないか突き詰めた」と話した。

無断転載・複製を禁じます
1435994 1 2025大阪・関西万博 2020/08/26 05:00:00 2020/08/26 05:00:00 2025年大阪・関西万博のロゴマークに選ばれた「TEAM INARI」のシマダタモツさん(25日午後2時35分、大阪市北区で)=前田尚紀撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/08/20200827-OYTAI50000-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)