読売新聞オンライン

メニュー

万博 コロナの先描く~基本計画公表

[読者会員限定]
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

(下)日本国際博覧会協会が公表した万博会場のイメージ図 (上)2025年大阪・関西万博の基本計画の内容が発表された記者会見(25日午後、大阪市北区で)=長沖真未撮影
(下)日本国際博覧会協会が公表した万博会場のイメージ図 (上)2025年大阪・関西万博の基本計画の内容が発表された記者会見(25日午後、大阪市北区で)=長沖真未撮影
(下)日本国際博覧会協会が公表した万博会場のイメージ図 (上)2025年大阪・関西万博の基本計画の内容が発表された記者会見(25日午後、大阪市北区で)=長沖真未撮影
(下)日本国際博覧会協会が公表した万博会場のイメージ図 (上)2025年大阪・関西万博の基本計画の内容が発表された記者会見(25日午後、大阪市北区で)=長沖真未撮影

 2025年大阪・関西万博の運営組織・日本国際博覧会協会は25日、施設配置や展示の方向性を盛り込んだ基本計画を公表した。「いのち輝く未来社会のデザイン」をメインテーマに、新型コロナウイルスを乗り越えた先の「新時代の国家プロジェクト」と位置づけた。8人のプロデューサーが担うテーマ館では、コロナ禍を経験した人類の新たな社会の形を提案する。

 会場や輸送、資金など全11章(111ページ)の計画で構成。人工島・夢洲ゆめしま(大阪市此花区)の会場(約155ヘクタール)では、立地を生かした「海と空と地の万博」をコンセプトに計3エリアを整備する。国・企業のパビリオンが集まるエリアには、1周2キロの環状の大屋根を地上12メートルに設置し、屋根上を来場者が歩き、海を一望できるようにする。

 また「いのち」を共通項にした八つのテーマ館のコンセプトが新たに示され、23年度からパビリオンの建設や入場券の前売りを開始するなど、今後の日程も明らかになった。

 会場を「未来社会のショーケース」に見立て、脱炭素や空飛ぶクルマなどの最先端技術を導入。仮想現実(VR)技術で会場外にいても楽しめる「バーチャル万博」の実現も目指す。

 資金計画では、会場建設費1850億円を計上し、膨張しないよう「最大の額」と明記。運営費809億円と合わせ、計2659億円を支出する。

 万博の計画を巡る協会のこれまでの説明には不十分な点も目立つ。特に17年に1250億円とされていた会場建設費が最大約600億円膨らんだことに関しては、大阪府と大阪市の両議会で批判が相次ぐ事態となっている。

 25日、大阪市内で記者会見に臨んだ井上万博相は、「日本企業の技術力を注ぎ込み、夢や希望が与えられる万博を作り上げる」と意気込みを語った。

 だが最大1850億円に膨張した会場建設費を含む資金計画は、111ページに及ぶ基本計画の中で、1ページに数字を並べただけ。

 協会は増額理由について、これまでの取材に、人件費の高騰や7月に選定されたプロデューサーの意見で計画を刷新したことなどを挙げているが、詳しい経緯や金額の根拠は示しておらず、会見でも井上氏は「理解いただけるよう努力していく」と述べるにとどめた。

 質疑は約15分で打ち切られ、その後、報道陣の要請で対応した協会の石毛博行事務総長も曖昧な回答が目立った。

 万博の総支出の約7割を占める会場建設費は、国と府・市、経済界が3分の1ずつ負担する。

 今月中旬の府・市両議会では、十分な説明のない増額に批判が続出。「常軌を逸した上振れ(膨張)」「1250億円の中でやりくりすべきだ」「東京五輪でも(経費は)増額されており、いたずらに建設費が上がることがあってはならない」などの厳しい意見が次々飛び出した。府と市は24日、協会に「(会場建設費を)これ以上増やさないこと」を申し入れた。

 協会は、国と府・市、経済界で構成される公益社団法人で、万博の準備から開催までの業務を一手に担う。

 関係者によると、協会には府・市職員も派遣されているが、協会の就業規程に基づき、職務上の機密を守る必要から府・市と逐一情報は共有していないという。

 議会に対しても、府や市の担当部署が協会から聞き取った上での間接的な説明で対応している。

 NPO法人「情報公開クリアリングハウス」(東京)の三木由希子理事長の話「万博は公費が投入される国家的プロジェクト。必要経費がなし崩し的に増えると市民の不信を招き、盛り上がりに水を差しかねないので、協会は積極的な情報公開に努めるべきだ」

無断転載・複製を禁じます
1731920 1 2025大阪・関西万博 2020/12/26 05:00:00 2020/12/26 05:00:00 2025年大阪・関西万博の基本計画の内容や会場デザインを発表する(左から)石川勝・会場運営プロデューサー、藤本壮介・会場デザインプロデューサー、井上信治・国際博覧会担当大臣、石毛博行・事務総長(25日午後3時32分、大阪市北区で)=長沖真未撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/12/20201226-OYTAI50000-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)