読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

ギャンブル 人生狂う…元公務員「現実逃避」で依存

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

きらびやかなパチンコ店。隆は法廷で、ギャンブルをやめられない原因を「自分の甘さだと思う」と語った(大阪市内で、写真と本文は関係ありません)
きらびやかなパチンコ店。隆は法廷で、ギャンブルをやめられない原因を「自分の甘さだと思う」と語った(大阪市内で、写真と本文は関係ありません)

 大阪地裁332号法廷では、ときに意外なキャリアの被告に出会うこともある。11月12日がそうだった。

 被告席に背筋をピンと伸ばして座る井上隆(45)(仮名)は引き締まった体をしており、身なりには清潔感もあった。問われたのは窃盗未遂罪。検察官が冒頭陳述で経歴を読み上げる。「被告は高校卒業後、大阪府の職員となり――」

 府庁では主に税務畑を歩んだ。仕事ぶりが評価されたのだろう。出先の事務所を経て、20歳代で本庁に勤務。10年ほど勤めた後、一般企業に転じると、大勢の派遣社員らの労務管理を任された。飲食店の経営を手がけたこともある。

 それぞれの職を辞めた経緯は判然としない。ただ、隆には、もう一つの顔があった。ギャンブルへの過度な依存。そこにつぎ込む金欲しさに、過去にも複数の窃盗事件を起こしていた。

◆順守事項破る

 被告人質問が始まった。ギャンブルにのめり込んだ隆が語る日常は壮絶だった。「もらった給料は全部ギャンブルに使っていた」「過去には山登りとかもやったが、ギャンブルより強い刺激はなかった」「どうしたら警察に捕まらず、スロットでいっぱい遊べ、金を稼げるか考えていた」

 事件を起こしたのは今年3月。大阪府豊中市の店で購入したスロット用メダル1600枚を同府八尾市の系列店で遊ぶために持ち込んだ。両店は換金率が異なり、八尾店は豊中店の4倍の1枚20円。勝てば、より多くのうまみがあるが、スロット機から不正にメダルを得る行為は窃盗にあたる。

 それまでにも3回程度うまくいっていたという。2、3万円勝ち、普段はできない外食をしたこともあった。だが、この日は従業員に気付かれ、警察を呼ばれた。任意捜査の末、9月に起訴された。

 隆は事件の2か月前、パチンコ店で客のコインを盗んだとして保護観察付きの執行猶予判決を受けたばかりだった。保護観察所はギャンブルをやらないことを「特別順守事項」として隆に課したが、翌月には早くも店に出入りし始めていた。

 順守事項を破れば執行猶予が取り消されることもある。そのリスクを冒してまでスロットに興じる理由を検察官に問われ、こう答えた。「現実逃避。今後の不安を考えなくて済むんです」

◆通院のさなか

 隆は事件直後の3月からギャンブル依存症の治療が受けられる病院に通い始めたことを明かした。患者らが自らの体験を語り合う「集団治療プログラム」で見聞きしたのは自分と同じか、それ以上に悲惨な末路だった。ヤミ金の取り立て、一家離散、自殺未遂――。

 治療の効果を尋ねる弁護人に「ギャンブルの怖さに向き合うことができた。定期的に通院すれば、歯止めをかけられると思う」と返答。この8か月間スロットのボタンは押していないとも語った。

 論告で、検察官は「再犯の可能性は高い」として懲役1年6月を求刑。弁護人は「厳罰よりも治療の継続が必要だ」と訴えた。最後に隆はきっぱりと言った。「自分の弱さを克服し、残りの人生を頑張りたい」

 11月26日の判決は懲役1年2月の実刑。隆は受け入れ、刑は確定した。収容前に訪ねた病院で担当の精神保健福祉士にかけられた言葉は、くしくも裁判官が判決後に述べた説諭と同じだった。「治療は中断になるが、続けることが大事です」

 刑の執行を猶予されていた前回の刑期とあわせ、3年ほどは塀の中に入ることになる。隆は法廷で誓った思いを持ち続けられるだろうか。答えが分かるのは出所後だ。(敬称略)

治療 公的保険の対象

 厚生労働省の調査では、ギャンブル依存症が疑われる状態になったことがある人は成人の3・6%、推計約320万人に上る。

 依存症は特定の行為について脳の制御が利かなくなる精神疾患のひとつだ。日常的な行動を変える認知行動療法などで治癒を目指す。

 カジノを中核とする統合型リゾート(IR)の開業を可能とするIR実施法が2018年に成立したのを受け、今年4月から治療は公的な医療保険の対象になった。厚労省によると、14年度に2019人だった外来患者は17年度には3499人に増えている。

無断転載・複製を禁じます
1722417 0 332号法廷から 2020/12/23 15:00:00 2020/12/23 15:00:00 コロナ禍でもにぎわうパチンコ店。隆は法廷で、ギャンブルをやめられない原因を「自分の甘さだと思う」と語った(大阪市内で)(写真と本文は関係ありません) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/12/20201223-OYTAI50003-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)