川端康成、「古都」執筆に焦り…書簡で判明

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

川端康成
川端康成
川端康成が舟橋聖一宛てに小説「古都」執筆の不安をつづった手紙。右から「……京都は不案内 執筆が両三日中に迫って居りますのに筋も人物も場所も定まらず……」などとある=近藤誠撮影
川端康成が舟橋聖一宛てに小説「古都」執筆の不安をつづった手紙。右から「……京都は不案内 執筆が両三日中に迫って居りますのに筋も人物も場所も定まらず……」などとある=近藤誠撮影

 ノーベル文学賞を受けた作家・川端康成(1899~1972年)が、京都を舞台にした代表作「古都」の新聞連載開始を6日後に控え、<筋も人物も場所も定まらず><京都弁には御手おてあげ>とつづった書簡が見つかった。後輩の作家・舟橋聖一(1904~76年)に宛てたもので、包み隠さず不安や焦りを打ち明けている。

 舟橋は幕末の大老・井伊直弼を描いた歴史小説「花の生涯」などで知られる。20歳代で戯曲から小説に転じた時に5歳上の川端に認められた経緯があり、川端と共に芥川賞の選考委員を長く務めた。国際日本文化研究センター(京都市)の石川肇助教(48)(日本近代文学)が舟橋の家族らから寄託され、遺品を調査してきた。東京都内の自宅に保管されていた約1500通の書簡の中に、川端からのものが12通あった。

 「古都」について言及した書簡は1961年10月2日の日付で、巻紙に毛筆で約300字がつづられている。朝日新聞で同8日から連載が始まる6日前、滞在先の京都から送られた。神奈川県鎌倉市在住の川端は<新聞小説に京都を書いてみたいため>昨日、京都に来たとし、締め切りが数日内に迫っているのに<筋も人物も場所も定まらずどうなる事かと不安です>と打ち明ける。川端は大阪生まれだが、<京都は不案内><京都弁には御手あげ>で<ただ今闇中あんちゅう模索の憂うつです>と漏らしている。

 執筆前から睡眠薬を乱用し、胆石で入院したこともあった。約3か月半の連載を前に<途中で入院といふやうな事態になるかもしれません>。舟橋が5年にわたり小説「新・忠臣蔵」を新聞連載したことを、<私には及びもつかぬ事>と謙遜している。

 川端は同年11月、文化勲章を受章。京都と東京、鎌倉を行き来しながら、62年1月に107回の連載を終えた。翌月、睡眠薬の禁断症状で病院に運ばれた。

 川端は48年から65年まで日本ペンクラブ会長を務め、この時期、日本を代表する作家として国際的に注目されていた。「古都」は65年にドイツ語で翻訳刊行され、近年開示された資料によると66年のノーベル文学賞の選考で「繊細で神秘的な詩的表現の傑作」と評されていた。川端は68年、日本人で初めて同賞に輝いた。

 川端康成の長編小説「古都」は、京都の四季折々の行事を背景に、呉服問屋の娘・千重子と北山杉の村で育った苗子の双子姉妹の数奇な運命を描く。岩下志麻、山口百恵(いずれも二役)らの主演で幾度も映画化され、ドラマにもなった。

 会話部分は62年6月に単行本が刊行された際、地元の女性の協力を得て柔らかい京言葉に修正された。連載時の「あたしは捨子なんですよ」という千重子の告白は「あたしは捨子どしたんえ」に、姉妹の会話にある「よう、おいでやしとくれやした」は「よう、来とおくれやした」になった。京言葉の微妙なニュアンスに苦労した跡がうかがえる。

420580 0 ニュース 2019/02/03 06:00:00 2019/02/03 06:00:00 2019/02/03 06:00:00 川端康成。作家。ノーベル文学賞の受賞の知らせを受け記者会見する。神奈川県鎌倉市の自宅で。1968年10月17日撮影。日本人初のノーベル文学賞を1968年に受賞した作家の川端康成が、スウェーデン・アカデミーの選考資料の公開により、受賞2年前の66年に初の最終候補に入っていたことが分かった。ノーベル委員会のオステルリング氏のリポートは、6人の最終選考の対象候補のうち1位に挙げていた。2017年1月10日朝刊掲載。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/02/20190203-OYO1I50006-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ