天国まで泳げ、こいのぼりで追悼…東日本大震災8年

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

青いこいのぼりが泳ぐ会場で風船を上げる人たち(茨木市で)=川崎公太撮影
青いこいのぼりが泳ぐ会場で風船を上げる人たち(茨木市で)=川崎公太撮影

 大阪府茨木市の市中央公園で10日、青いこいのぼりを掲げ、東日本大震災で亡くなった子どもたちを追悼する行事があった。

 公園には300匹のこいのぼりが泳いだ。参加者は400個の青い風船を空に飛ばし、犠牲になった子どもたちの冥福めいふくを祈った。集まったこいのぼりは、被災地の宮城県東松島市で「こどもの日」の5月5日に掲げられる予定。

481285 0 ニュース 2019/03/11 06:00:00 2019/03/11 06:00:00 2019/03/11 06:00:00 震災で亡くなった子どもたちをしのぶ青いこいのぼりが掲げられた会場で、追悼の風船を上げる参加者たち(10日午前11時6分、大阪府茨木市で)=川崎公太撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/03/20190311-OYO1I50000-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ