膵がん治験CF…関西医大、目標1000万円

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 関西医科大学(大阪府枚方市)は10日、インターネットで資金を募るクラウドファンディング(CF)で、腹膜に転移したすいがんの臨床試験(治験)の費用1000万円を集める取り組みを始めたと発表した。

 膵がんは5年生存率が約7%と低く、腹膜転移があると、約半年で死亡する患者が多い。里井壮平・関西医大診療教授(たん膵外科)らは、既存の抗がん剤2種類を使う治験を計画した。先に患者33人に行った治験では、平均でがんは3割ほど縮小し、生存期間の平均は1年4か月で、転移が消えた人もあった。

 そこで保険適用を目指して国内30施設、患者180人に増やした治験を約2000万円で計画したが、抗がん剤は後発医薬品で、製薬企業から出資の協力を得られなかった。公的資金の申請も認められず、CFで9月8日までに1000万円を集めることにした。達成した場合、必要な追加分は参加施設で補填ほてんする。達成できなかった場合は治験を断念し、患者ごとに治療を行うという。医療研究でのCFの利用は、東京慈恵医大が乳幼児ぜんそくの治療薬を減らす研究で、約1600万円を集めた例などがある。

 膵がん患者支援団体「パンキャンジャパン」の真島喜幸理事長の話「治験が費用の不足で止まるのは残念。患者の希望とするためCFを成功させてほしい」

無断転載禁止
630917 0 ニュース 2019/06/11 06:00:00 2019/06/11 06:00:00 2019/06/11 06:00:00

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ