IRプラン公募、3社が提出…大阪府・市誘致

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大阪府の吉村洋文知事は19日、カジノを含む統合型リゾート(IR)誘致を巡り、大阪府・大阪市のプラン公募に、海外のIR運営大手3社から提出があったことを明らかにした。プランの提出は、府・市が年内に始める事業者の正式公募の前提条件ではないが、吉村知事は正式公募について、「3社のうちから応募があるだろう」と述べ、事実上、事業者は今回の3社に絞り込まれた。

 吉村知事や府関係者によると、締め切りの18日までにプランを提出したのは、オリックスと提携するMGMリゾーツ・インターナショナル(米国)、ゲンティン・シンガポール(シンガポール)、ギャラクシー・エンターテインメント(香港)の3社。

 プラン公募は、2025年大阪・関西万博までのIR開業に間に合わせるため、府・市が国の手続きに先駆けて4月から実施。IRの基本概念などの提案を求めており、府・市は内容の順位付けや評価はしないが、プランの説明を受けることで、事業者選定の時間を短縮する狙いがある。

 プラン公募をめぐっては、6月時点でIR運営大手7社が参加するために登録していたが、大阪進出の撤退表明が相次ぎ、最終的に3社がプランを提出した。

無断転載・複製を禁じます
803909 0 ニュース 2019/09/19 15:00:00 2019/09/19 15:00:00 2019/09/19 15:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ